Eureka | 株式会社ユーリカ

Testing
service

オープンソースソフトウェア向けテスト環境の構築を強力に支援します

オープンソースソフトウェアを使った製品の場合、リリース後に不具合が発生し後手に対処するのは良い策ではありません。テストを行うことで、事前に問題点を洗い出すことで対処ができれば安心です。

ソフトウェアの大規模化、複雑化に伴い、ソフトウェアテストに要する期間・工数も増大し、開発に占めるテストの割合が大きくなっています。
一方でソフトウェアの開発期間は短縮化の方向に進んでいるためにテストによる品質確保が十分に出来ず、結果として不具合が市場に流出し問題となる場合が増えています。

いかにしてテストを効率よく実施し品質を確保するかは、現代におけるソフトウェアおよびシステム開発の大きな課題であると言えます。

このようなソフトウェアテストが抱える課題に対して、近年、ソフトウェアテストの考え方はコーディングの後から始まる一つの活動ではなく、開発ライフサイクル全体を通して考えるもの、つまり要求プロセスの初期段階から始動し開発の進行に合わせて詳細化していくものだと捉えるようになってきているのです。

オープンソースソフトウェアは誰もが自由に使用できること、常に最新技術が反映されていること等様々な利点がある半面、そのソフトウェアの品質を保証してくれる他者は存在しないという欠点もあります。

組込みLinux等オープンソースソフトウェアが使用されている製品の普及により、オープンソースソフトウェアが無保証であることが理解されてきておりますが、製品に対する保証やメンテナンスを行わなくてよいわけではありません。
オープンソースソフトウェアの普及に伴いソフトウェアのテストによる問題の把握や対処方法の確立ははより重要度を増してきています。

当社では時間と費用のかかるソフトウェアのテストについて、初期段階のコンサルティングからそのテスト環境の構築、そしてテスト準備からテスト実施、さらにはテスト結果をまとめた価値あるレポートへの編集まで幅広く対応できます。

当社ではお客様が使用するオープンソースソフトウェアのテストを自社で行うための環境構築を承ります。
もちろんテストそのものを当社で実施することも可能です。
オープンソースソフトウェアでお困りのことがございましたらどうか遠慮なくお問い合わせください。